”日本が集団的自衛権をX国に対し行使すれば国連憲章「敵国条項」違反としてXは日本を攻撃できる件”

 以下にリブログさせていただく記事は、日本が置かれた国際社会において占める立場が、いかに危ういものであるかをわかりやすく解説していると思います。 日本がいわゆる第二次世界大戦、あるいは、太平洋戦争で戦った相手国は、オランダやフランスなども含まれますが、主な交戦相手は、アメリカ、イギリス、そして、中国でした。 アメリカとイギリスが共同で策定した第二次世界以後の国際秩序を象徴するのが国連というもので、「国連」とは、もともと、第二次世界大戦でアメリカやイギリスと同盟して戦った国々の軍事同盟をその本質としていると言っていいと思います。 国連の発祥がそういう出自を負うものである以上、アメリカやイギリ...