DDAという解法をGDP統計値の分析に用いれば?

 前々回アップした「GDP統計値を数学的に検証する。」に関連して、微分の数値演算のことを調べていました。それはDDAという解法で、これをGDP統計値の分析というか演算の連続性の検証に使えるはず、という直感があり調査したわけです。 =====  元々、微分方程式に解析的解が存在することは珍しく、ほとんどは数値演算(定積分の近似計算)で近似解を求めるのが普通です。しかし、得られる解は1個ですので、時間に対して起きる事象に対して連続的に解を求める用途には不向きです。 こうしたことからリアルタイム的に連続した解が得られるアナログ積分器を用いたアナログ式コンピューター(アナコン)...