外国政府にその国の最低賃金を上げないよう要請する日本政府と財界。そのうえ堂々と公表Σ(゚Д゚)

前回記事で日本に来たカンボジア人の縫製業技能実習生を取り上げました。母国カンボジアの縫製・製靴業労働者の最低賃金は、現在月額170ドル(1万9000円)、2019年1月1日から月額182ドル(約2万500円)になる予定です。 日本の生産性を上げるチャンスを潰し、日本人労働者の賃金上昇を妨げる外国人労働者、この問題を考えるとき、途上国の賃金が上昇すれば外国人が出稼ぎに来なくなることに気付くと思います。例えばカンボジアの最低賃金が大幅に上がれば彼らは日本に来なくなります。 ところが、日本政府と日本の経済界はカンボジア政府に最低賃金をあまり急激に上げないようお手紙を書いていた...