”19年度予算 緊縮と増税こそが問題である”

2019年度予算案で防衛費が5兆2574億円で最高額となったことにマスコミや野党は批判的だ。だが、このような批判は的外れだと思う。   自国通貨建てで国債を発行している日本政府に財政破綻のリスクは全く無いのだから額は別に問題ではない。中国の軍拡など防衛費増額の必要性は高まっているのだから、10兆や20兆円規模の増額になってもいっこうに構わない。   問題にすべきはその中身である。防衛費の増額は、兵器の国産化など自主防衛の推進による対米従属からの脱却や沖縄の基地負担軽減に資する中身でなければ意味がない。19年度予算案の防衛費にF35戦闘機などの米国製兵...