今の日本に足らないもの

空気読みすぎてお互い何を言っているのかわからないことが悪いことにつながることもあるかもしれない。(秒速五センチメートル) ここで紹介されていた今年最初のチャンネル桜の3時間経済討論の番組である。  中国脅威論と楽観論に関して論者によってはっきり分かれている。聞いている方がらすれば、中国が開発独裁体制の下で、国境をうまく使って国力を増進させているように思われる。そのためには、モノづくりの実績とその支配力をもとに、国際ルールを適当に破りながら邁進していることが改めて確認されるものである。中長期計画をもって国の行く末を考えていくことをやらなければ、どんな状況であろう...