日本国憲法の異常なところ

 日本国憲法が外国の軍事占領を受けているときに、その占領軍から渡された案文をほぼ丸呑みして作られたという異常さはあるのですが、それ以外にも異常な点があります。  その大きな異常点のひとつが「国家元首」です。  日本国憲法には国家元首の定めはありません。誰が国家元首なのか不明です。しかし、普通の国では国家元首がすることを、国事行為という言葉で括って、天皇陛下が行う、と定めています。 しかも、国家元首が行うべきことを天皇陛下に押し付けながら、天皇陛下は「象徴」である、と憲法で定めているのです。異常とは思いませんか? 今上天皇は「象徴」ということに大変悩まれたように仄聞しております。 我が国に赴...