時計の針を逆回転させるだけの愚論

政治ランキング人々は、なぜ「お金(法定貨幣)」を欲しがるのか?それは、お金さえあれば、自分の欲するモノやサービスを不自由なく買えるからに他ならない。いつでも、何でも買うことができるという満足感や安心感は、個々人の人生に、何物にも代えがたい充足感をもたらすとともに、より強い労働意欲を掻き立てる。だが、世の中には「お金(貨幣)は負債である」と信じて止まない人(貨幣負債論者)もいる。誰もが貨幣を資産として欲する以上、それを発行する政府や日銀にとって負債でないと、会計的なバランスが取れないというのが主張の根本にあるようだ。「誰かの負債は、その対岸にいる者にとって資産である」という説は正しい。ただし...