野党は安倍政権の若者・女性いじめ政策を批判し代案を示せ

  安倍政権は一億総活躍を唱うが、多くの政策が若者や女性に多大な不利益を与え、大企業や投資家等の1%だけを富ませるもののようにしか見えず、到底信頼できない。    今回はその代表例として2つの政策の問題点と代案を考えていきたいと思う。    一つ目は国家戦略特区での家事代行業務での外国人労働者受け入れだ。表向きは家事負担軽減による女性活躍推進を唱っているが、実際は、労働規制緩和や移民受け入れで男性の賃金を抑制すると同時に消費税や社会保険料等の増税で家計を苦しくし、女性の意に反して生活のために低賃金の長時間労働を強い、家事代行サービスの利用を...