貨幣の資産性は国民の生産力によって保たれる〜貨幣負債論のうずら

政治ランキング筆者が隔週でコラム投稿の機会を頂戴している『進撃の庶民』では、MMT(現代貨幣理論)や、それに連なる貨幣論に関する議論が続いている。 MMTの詳細はWikipediaほかのサイトでご確認いただくとして、かの理論を信奉する者は、 ①自国通貨と中央銀行を有する金融主権国家は、純粋な財政的予算制約に直面することはない(法定貨幣無限発行論) ②政府のバランスシートにおいて、あらゆる政府発行の貨幣性商品は資産として計上されない。政府自らは貨幣を所有せず、あらゆる政府発行の貨幣性商品は負債として計上される(貨幣負債論) ③法定不換貨幣に課税すること...