老いの一徹:『反グローバリズムの難しさ』

本日は、有閑爺い様の寄稿コラムです!反グローバリズムを唱えることの難しさ、というテーマで寄稿を頂いておりまして、大変興味深い内容となっております。なるほど・・・確かに企業人などは反グローバリズムを唱えにくい状況にあるのかもしれません。この寄稿は一種の戦略論なのだと感じます。ぜひぜひ、熟読してくださいませ!現在進撃の庶民では寄稿コラム執筆者を募集しております。執筆いただける方はアメーバメッセージでご連絡ください。※アメーバアカウントが必要です⇒ブログランキングクリックで進撃の庶民を応援!老いの一徹:『反グローバリズムの難しさ』~有閑爺い様 本ブログの立ち位置は「反グローバリズム」ですが、実は...