台湾:隣のモスクからの苦情に配慮して豚足料理レストランの「豚看板」を変更することに!

台湾のタオユエン(桃園)にある豚足料理レストランが、歴史的な隣のモスク(龍岡清真寺)に敬意を表して店の看板を変更すると発表しました。  レストランは先月Jhongjhen Marketで開業しましたが、モスクへ行くムスリムから抗議が相次ぎました。彼らは、豚は彼らの宗教では不浄だとみなされていて、豚の匂いは吐き気を催すと言っています。 桃園市議のShu Tsui-ling (舒翠玲)氏の事務所にはたくさんの苦情が来ていると述べています。彼女はレストランを訪問した後、「レストランのオーナーは看板が彼らを怒らせる可能性に気付かなったが、看板を撤去すると保証した」と断...