海山物語「青二才」 その2

本日は、バケツリレー様の寄稿コラムです!ラドヤード・キプリングの時代から、イギリスには中国人がいたのかと驚きです。小説というのは得てして、その時代の風景や心象を反映しているものが多く、大変興味深いと思います。続き物ですのではじめから見たい方はラドヤード・キプリング『海山物語』のカテゴリーからどうぞ!!現在進撃の庶民では寄稿コラム執筆者を募集しております。執筆いただける方はアメーバメッセージでご連絡ください。※アメーバアカウントが必要です⇒ブログランキングクリックで進撃の庶民を応援!「青二才」 その2~バケツリレー様(ラドヤード・キプリング著 マクミラン発行 1923年初版 1951年再編集...