ドイツ:移民2人がドイツ人少年3人を線路に突き落とし2人死亡の事件。メディアは悲劇や事故と隠蔽!

3人の少年がニュールンベルグの都市近郊鉄道(Sバーン)の Frankenstadion(フランケンシュタディオン)駅で突き落とされて、2人がやって来た電車に轢かれて亡くなりました。(※事件は2019年1月25日から26日にかけての深夜と思われます。)  ドイツのメインストリームメディアは不誠実にも、移民の背景を隠して(犯人を)「ドイツ人」と呼びました。更にそれを「事故」や「悲劇」と矮小化し、16歳の3人の少年が線路に落ちたと伝えました。 The Nürnberg Newsは最初に逮捕された犯罪者を丁重に「若者(young man)」と呼びました。&n...