必死の言論の果てにあるもの-イデオロギーと大衆化と民主主義と独裁制の衝突と民主制喪失【旧ブログから再掲】

大衆と大衆化社会という怪物  「大衆の反逆」という著作を書いたオルテガは、大衆(大衆人 Mass Man)の「無謬性」「根拠なき世論」「無知性」「同一性」を指摘しました。端的にいえば大衆人は「他と一緒という安心感」が大事 […]投稿 必死の言論の果てにあるもの-イデオロギーと大衆化と民主主義と独裁制の衝突と民主制喪失【旧ブログから再掲】 は 高橋聡オフィシャルブログBacchus(バッカス)-反グローバリズム&LIFE に最初に表示されました。 ...