物価連動型の債権債務契約の普及による経済”不安定化”効果

noteにて、「経済学・経済論」執筆中!また、「望月夜の経済学・経済論 第一巻」、「望月夜の経済学・経済論 第二巻」も発売中!その他、「貨幣論まとめ」「不況論まとめ」 「財政論まとめ」 などなど……――――――――――――――――――――投稿先はこちら物価連動型の債権債務契約が普及した経済について、以前までは「価格硬直性の低下圧力になるので、経済調整がスムーズになるのだろうか?」程度の検討しかしていなかったのだが、MMTの水平分析等を考慮すると、むしろ経済を不安定化させ得るものだという風に考えが転回した。まずは、拙コラム「なぜ生産性ショックによるインフレ(所謂スタグフレーション)は「許容」...