老いの一徹:【今様今昔物語:郵便貯金のあったころ】 

 本日は、有閑爺い様の寄稿コラムです! 本日は郵便貯金と1970年台のオイルショックについて述べておられます。何が新自由主義の台頭を許したのか? 郵便貯金や日本式経営はなぜ、あっさりと破壊されたのか? 皆様も一緒に考えてみませんか?現在進撃の庶民では寄稿コラム執筆者を募集しております。執筆いただける方はアメーバメッセージでご連絡ください。※アメーバアカウントが必要です⇒ブログランキングクリックで進撃の庶民を応援!老いの一徹:【今様今昔物語:郵便貯金のあったころ】~有閑爺い様 今は昔、日本には「郵便貯金」と呼ばれるものがありました。今では前世紀の遺物でありますが、日本経済に対して大きな役割を...