”岩菊”の転向、政府の仕事発注

 リフレの神通力の限界を知る 岩菊こと岩田規久男元日銀副総裁が、金融緩和だけでは、デフレは脱却できないという説を唱えだしたという。日銀の2%物価上昇のコミットメントというやり方が失敗して、コミットメントの意味もなくなるような言い訳に終始した人であったが、やめてから、少なくとも消費税増税に対しては、延期を唱えるようになり、「財政」も協力して、民間に金を流すべきだ、というようになった。 まあ、相変わらず、カネの流れだけしか目に入っていないので、実際にその金がどう使われるのかということには関心がなさそうな感じがするのは、「リフレ派」の考え方からは抜けていないというこ...