法の抜け道を歩く輩、松井&吉村

  大阪市議会で否決された「大阪都構想」なる「構想」の実現を訴えて、橋下徹が「住民投票」という手段を使いました。しかし、この住民投票の結果は市議会の議決と同じく否決でありました。 しかも、大阪府議会も「大阪都構想」には反対です。 大阪市議会と大阪市民が一度否決し、大阪府議会も反対している「大阪都構想」を、なんとしても俎上にのせるべく、松井&吉村の両首長が悪知恵を巡らせたのが今回の「知事市長のダブル選挙」です。  実はこのダブル選挙に基本的な疑問があるのです。 それは「選挙」という手段が誰のためのもので何のためのものかです。つまり選挙は選ばれる者の道具なのか、それとも選ぶ者の道具な...