我々には消費税を減税する選択肢がある

主人公のように勘違いして調子に乗っていると本当に痛い目に合う。それは、絵空事ではなくて確実に。国が痛い目に合うということは、多くの国民の人生に負の印パ区をと与えることに他ならない。それから逃げ抜ける気でいる1%の金持ち連中のための政策を進める政権を許すわけにはいかない。(絵はSchool Days相関図)  まるでそれがないかのように、テレビや新聞は報道し、論説を書く。それだけでなく、会社の中の取り組みもそれを前提としたことを偉そうに書いていて、それはそうだよなぁ、と思う機会が多いと思われるが、  別冊クライテリオン 消費増税を凍結せよ (表現者クラ...