金融経済が実体経済を食う

経済とはカネもうけ、と考えている腐れ守銭奴たちはわかっていない。それに共感する国民も当然わかっていない。国力とは何か。国を発展させていくことは何かを忘れては、亡国になるのみだろう。自分で支えない限りは、いずれ食いつぶされるのは必至なのである。 「竹中平蔵」の進める政策に反対をする そういうメッセージをはっきりと国民に知らしめたのは、山本太郎参議院議員だったか。昨年12月の入管法改正の投票の時に議場で叫んだ言葉は、嘘偽りなく現在の日本経済の体たらくを加速させていることの本質を突きつけたものであっただろう。 今一度、この言葉をかみしめるべきだろう。 &n...