緊縮主義は敗戦への道標

世の中には、緊縮と節約を美徳とし、国民生活よりも歳出の切り詰めを優先させたがる人非人がいる。 人非人はあらゆる階層や職種に散らばっているが、中でも、付加価値ゼロの駄文やねつ造記事しか書けないくせに分不相応の高給をくすねるマスゴミの連中に多い。 世間の冷たい風に当たることなく霞を喰って生きていられる暇人や、大所高所から無責任な“あるべき論”を騙るだけの横着者には、我が国が徐々に衰亡へと向かいつつあることへの危機感がまったくない。 自分たちがきれいごとを吐く間にも国民生活が刻一刻と蝕まれているのを無視し、むしろそれを楽しむかのようなバカ者たちを、筆者が「反国民主義...