伝統を殺すのは簡単。無くなってから、先人の仕込んだ社会の下支えの深さを知る。

 フランスのノートルダム大聖堂の木造部分が燃え落ちたという話があった。当時のやり方がどこまで再現できるのかはわからないが、その建物は物体というもの以上に神秘性や権威をもった象徴としての価値があるものだろう。形だけではなくその精神的な価値を再建することは、カネを使うことで現在の建設会社や大工がどこまでできるかは未知数だろう。 【朝日新聞】パリの象徴、大聖堂「法隆寺が燃えたような感覚に近い」 https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1555452895/【速報】仏マクロン大統領「ノートルダム寺院を5年で再建したい」...