主流派経済学の誤ちを暴き出す、MMTの「明示的財政ファイナンス」

 今回はMMTの中核的主張の一つ、「OMF(Overt Monetary Financing)」(日本語訳すると「明示的財政ファイナンス」)について説明します。 OMFとは何かと言うと、「国債発行や税によって裏付けられてない財政支出」になります。ヘリコプターマネーと似ていますが、財政支出を強調している点、支出先が家計ではなく一般財源としている点でヘリマネと若干異なります。 このOMFが理解できれば、国債と準備預金の違いが明確になり、国債の役割を定義し直すことができます。また、主流派経済学の誤ちを暴き出すこともできるのです。ちょうど財務省がMMTの危険性を訴える...