経済を成長させるのは何のためか。未来を想像できる日本にするために。

  大阪都構想といわれる政策を地元の政党、大阪維新の会が進めている。その内容は、大阪市の解体と特別区への格下げによって、大阪市の権限を大阪府に移譲する形で、大阪府を発展させようという風の政策である。 大阪市・大阪府のこの取り組みは顕著ではあるが、全国的にこの傾向は強まっている。地方創生という政策がかつてあったがそれも地域間の「儲ける方法」の競争を強いて、競り勝ったものに国からの予算を多く配分するという公共が儲けなければならないというやり方を強いていたことからもわかるだろう。自治体もそれに反対することなく、むしろ進んでやっていたところさえある。夕張市などはその典...