「シャミマ・ベガムはIS戦闘員の妻だが何も知らなかった」は大ウソ!冷酷な道徳警察の執行官だった!

イスラム寄りの労働党コービン党首や政府のアドバイザーを務めるカーンという名字の女性たちが、シャミマ・ベガム(IS妻・写真下)の国籍剥奪を批判していたのを覚えていますか?(英国が国籍剥奪してバングラデシュも国籍がないし入国させないと言っています。)2015年、15歳で政府の指示を無視して英国からシリアへ渡航、オランダ国籍のIS戦闘員(当時23歳)と結婚したバングラデシュ系移民の英国籍を持っていた女です。(英国:ブレア元首相「イスラムと左派の同盟が生じている」イスラムに寄り添いすぎて反ユダヤに走る左派) この夫婦には3人子供がいて、すでに2人は病気と栄養失調で死亡、3人目が生後3週間...