貨幣負債論はバカの極み

あなたが会社から受け取った給料、住宅購入のため銀行から借りたローン、昼食に食べたラーメン代として財布から支払うお金、年末の旅行資金として銀行に積み立てる貯金…『貨幣(お金)』は、それを手にし、使う人々の目的に応じて様々な形に変化する。ある人にとっては「所得」となり、他人からモノやサービスの提供を受け取るための「支払い手段」にもなる。それを貯蓄すれば「金融資産」になるし、家や車を買うために借りると「借金や債務」にもなる。“貨幣の本質とは何か”という真理を追究するにあたり、経済活動をたえず循環し続ける貨幣のある一時点だけを切り取るのは、誤解や誤用の素となる。「水」は、それを容れる容器の形状に応...