MMTはケインズの説を悪用している。

 前回のエントリーで私は「MMTは新自由主義経済学の権化である。」と述べました。何故そう言うかというと、『「貨幣には価値がある」だから「貨幣を供給すれば、価値を供給することなのだから、経済を動かすことが出来る」』という新自由主義経済学の主張をMMTは共有しているからだと説明しました。 本日はそのことに加えて「MMTはケインズの説を悪用している。」ということを述べます。 そのことを間接的に指摘したのが下記のエントリーです。下記のエントリーは、GDP統計値を数学的に厳密に分析すれば、「金融資産は所得に転換できる」し、その逆の「所得は金融資産に転換できる」ということが導き出せる、と主張したもので...