小泉進次郎ワシントンで米国に忠誠。「改革」で新自由主義で日本を解体し続けるのか

 ウサギがウナギに改変されても似たようなものだから大丈夫?見る視野によってそれがおかしいかおかしくないかは変わってしまうものである(ぱすてるメモリーズ) 一部で経済政策の視野が変わりつつあるが・・ 最近一部では、消費税増税の問題点、あるいは、従来からある国民経済に対する積極在世の必要性の議論や米国発信の主流派経済学の補正バージョンであるMMT(現代貨幣論)などで政府支出の財源が税金でなくともあるいは国債の残高の問題が経済政策に影響しないという考え方が議論が話題となっている。 それらの議論が訴えることは、既存の経済政策の基本である税金で国家の支出を賄う...