「論文の生産性」数とカネの比で見る愚。即物的な研究には意味はない。

オカルトもコラージュ映像でねつ造されてもそこにエンタメ以外の意味はない。 大学への交付金、膨らむ傾斜配分 財務省「論文費用はドイツの1.8倍」 国立大側は反論https://www.asahi.com/articles/DA3S14000124.html  戦前の日本では高等教育はドイツ式の複数路線の教育制度をとっていた。各種のエリートはそれぞれの視野で深めるべき素養を理解して身に着けるべく制度を維持していたということでもあろう。各人は得意とする領域はあってもすべてを網羅することはできないという認識で、わからないことは、それぞれ得意とする専門家を中心に考え、必...