貨幣とはなにかのど素人的見解(現代貨幣)

ある朝、フライデーが歩いていると、反対側からクルーソーがやってきた。「よう」とクルーソー。「おはよう」とフライデー。お互い声を掛けあって、ふとクルーソーが抱えているモノに目が行く。どうやら野イチゴのようだ。クルーソーは両腕にたくさんの野イチゴを抱えていて、見ると丸々として、なんとも美味しそうだ。「い…一個くれない?」おそるおそるクルーソーにお願いしてみた。「いいよ、一個とりな。」と、クルーソー。口に含むと、何とも言えぬ甘味と酸味。恐ろしくウマい。進撃の庶民新サイトで続きを読む ...