同床異夢のリフレ派と貨幣負債論者

『リフレ派とMMTは別物 見え隠れする財務省の目論見』(高橋洋一の霞ヶ関ウォッチ)https://www.j-cast.com/2019/05/09357025.html?p=all「MMT(現代貨幣理論)という言葉が、新聞やテレビでも取り上げられるようになっている。(略) この考え方は、アメリカの主流経済学者からは批判されている。筆者も、文献を読んだが、さっぱりわからない。通常の経済理論は、誤解のないように数式モデルで構成されているが、MMTには雰囲気の記述ばかりで、まったく数式モデルがないからだ。(略) 日本では、リフレ派の主張は、しばしばMMTの主張と混同される。筆者からみると、MM...