ロシアにとられつつある北方領土。空気を読む思考は、巧みに現実を見ないことであった。

  空気を読むことは確かにコミュニティーの中でうまくやっていくことにおいて基本的な生き方には違いない。それを尊重することは、場をうまく維持するためには大事なことだろう。しかし、あまりにもつらい現実を見ないふりをすることは、一時的な回避行動としては許されても、恒常的な態度としては、許されるものではない。それが、国家の体の一部ともいえる国土の話であるとすると根本的に自虐的な態度でしかないのだ。 維新の議員である 丸山穂高議員 が、ロシアに戦争で勝たない限りは、北方領土は取り返せないといったという。北方領土は4島のことを指しているのであろうが、本来は、あいまいな協定...

ロシアにとられつつある北方領土。空気を読む思考は、巧みに現実を見ないことであった。

  空気を読むことは確かにコミュニティーの中でうまくやっていくことにおいて基本的な生き方には違いない。それを尊重することは、場をうまく維持するためには大事なことだろう。しかし、あまりにもつらい現実を見ないふりをすることは、一時的な回避行動としては許されても、恒常的な態度としては、許されるものではない。それが、国家の体の一部ともいえる国土の話であるとすると根本的に自虐的な態度でしかないのだ。 維新の議員である 丸山穂高議員 が、ロシアに戦争で勝たない限りは、北方領土は取り返せないといったという。北方領土は4島のことを指しているのであろうが、本来は、あいまいな協定...