イタリア:モロッコ人移民がイタリア人男性を通り魔殺人。理由は「彼が幸せそうだったから」

最近加害者にばかり配慮して被害者を蔑ろにする人権屋が目立ちます。悪事の正当化!とても不愉快です。 通り魔事件の犯人を非難するな!川崎の通り魔事件で、“川崎殺傷事件「死にたいなら一人で死ぬべき」という非難は控えてほしい”(藤田孝典  | NPOほっとプラス代表理事)という、「社会い恨みを持つ人」に配慮する記事が出て炎上しています。社会はあなたを大事にしているし、何かができるかもしれない。社会はあなたの命を軽視していないし、死んでほしいと思っている人間など1人もいない、という強いメッセージを発していくべき「言うは易し行うは難し」です。こんな空疎な言葉で金銭問題は解決...