結局経済は政治で動く。経済学者が自由を望むのは政治がない時に「理論」が有効だから。

 竹中平蔵が果たして経済学者なのかという話は大いに議論の余地があることではあるが、彼の言う「自由がよいからだから自由なんです」という趣旨の発言は、よくよく考えれば意味不明な発言なのではあるが、巷の経済は、数式で規定できるはず!そのように、経済は単純なモデルで書かれるべきだと思っているのである。 緊縮財政を容認して、結果、国内の生産・消費を抑制し、金持ちとその他の国民の経済格差を助長するというような、経済学者の無慈悲ともいえる社会に対する無責任な態度は、社会、国家の衰退を防ごうとする人間による社会の調整を拒否しようとしているのである。それは、数式では表されないからという理...