民営化の功と罪。金儲けに傾倒した公共の民営化は罪悪に陥った。

電車、列車は地域をつなぐ時間通りに来る重要な交通インフラである。どんな時でも・・(ブラックブレット) 下記のリブログは四国の愛媛県から、日本を見てそのインフラ整備の大事さを訴えるブログであるが、四国の重要な交通インフラである広域鉄道の経営を担うのがJR四国であり、その経営状況が悪いということで、リストラをする方向で運営されてきた。公共交通は基本的には維持し、その地域の交通を活性化することで、地域の発展に寄与するという役目を追っているはずである。しかし、企業としての収支が悪いというだけで、儲からないところを縮小し続け、ついには、廃止を口にするようになってしまった。企業としては正しい...