消費税の使い道も糞の上、抱き合わせの「大学無償化」も大学を亡き者にする政策だった。

何も問題がいないと思っているとまったく無防備になってしまう。そんなときにグサッとやられると全く抵抗もできずに致命傷を負うことになるだろう(SSSS.GRIDMAN) 「大学無償化」これだけを見ると、なんといいことをやっているんだという印象を持つ。 タイトルというのはマーケティング的には非常に大事なものだと思った。それは小泉の郵政民営化以来の伝統芸だったりするが、その使い方はあくまでもアメぽちの政府が国民にいいように見せる事実上の嘘を伝えて政策をねじ込んでいくというものだった。政界のはぐれものであった小泉はそれを格好のいいことだとして国民に人気を呼び、こんな漫画まで出る始...