売れる林業。竹中平蔵と多くの国会議員はは自由を神格化し国土すら外資・守銭奴に売り渡した

 https://mainichi.jp/articles/20190606/ddm/003/010/123000c改正国有林法が成立 大規模伐採に風穴 外資進出、警戒も 毎日新聞2019年6月6日 東京朝刊 全国の国有林を最長50年間、大規模に伐採・販売する権利を民間業者に与える改正国有林野管理経営法が5日の参院本会議で、自民、公明両党や国民民主党、日本維新の会などの賛成多数で可決・成立した。政府は「売れる林業」の実現と伐採後の植え直し(再造林)を両立させるとするが、監視の届きにくい運用に多くが委ねられ、森の荒廃や買いたたきなどの懸念は消えない。【寺田剛、田中裕之】&...