和紙の原材料農作物農家の悲鳴。現代日本人は都市的価値観のカネ儲けで伝統をつぶし未来を殺す。

 一つの伝統が危機的な状況になっている。こういうことはこれまでも大きなもの小さなもの問わず起こってきたのだろう。しかし、それはしょうがないね、という一言で見過ごされ続け、それが止まらず進んできてしまったことが、結果として大きな危機を招いているということに気が付かなければならない。 https://www.agrinews.co.jp/p47316.html手すき和紙作りに不可欠 トロロアオイ 「もはや限界」 茨城県小美玉市2019年04月09日 日本農業新聞 存続ピンチ 後継ぎ育たず 茨城県小美玉市の農家が、手すき和紙の粘材として用いられるアオイ科の植物「トロ...