高橋洋一宣伝部長のリフレ派、貨幣の数式で語る経済は現物の良しあしを見ない

 昔、経済学の世界でしか経済を語る方法がないと思っていたころ、リフレ派というもの積極財政派の区別が明確につけられないでいた。どちらも政府がカネを調達して財源にする、あるいはそうする準備をするというところまでは同じであり、経済学的には経済はカネの動きなのであとは、何かの理屈で実体が回っていくのだろう、ということを小声で言っておればほとんど区別がなかったということである。 もちろん、実際はこの安倍政権がやった「経済政策」で見ればわかるように、銀行の日銀当座預金に多くの現金が豚積みされただけで終わっている。銀行も貸す相手がなければ融資もしないのである。銀行間の決済がやりやすく...