国力とは何かを知らない、カネも儲けできないこんな人たちを切り捨てる日本政府。

 考えれば日本の日米戦争の敗戦以来、まじめに自分の国の行く末を考えなくなったのかもしれない。いや、正確に言えば敗戦を直接味わった大人が一線を退いてしまってから本格的に考えなくなったのかもしれない。そこには、負けてしまった悔しさを心の底に秘めながら復興を成し遂げる原動力としたと思う。 しかし、その状況に乗っかって大きくなった団塊の世代は、自分たちもその復興に関与したという感覚を持っているが、アメリカのバックアップを特に深い理由を考えないで認め、それが当たり前だという感覚で、事故の欲望を肥大化させたのではないだろうか。そこには復興や成長というよりは、目の前の自分たちだけの金...