成功し続けていることの正体。己の失敗は無かったものとして握りつぶす男、安倍晋三

 自分の個人的なコンプレックスをこじらせて、日本国家や社会に対して持つ恨み節から、受けのいい言葉、憲法改正を合言葉に、好きでもない愛国的なふりをしてきて成り上がった男が不幸にも日本の内閣総理大臣安倍晋三である。その近づく人に対して第一印象はいい顔をする姿は、場合によってはほれ込んでしまう要素もあるだろう。会う回数が少なければ、それは美化され、あほみたいなサポーターにもなりうる。しかし、しばらく付き合えば、嫉妬深くとても大人とは思えない行動も平気で行ってしまう人間である。ダメだしされることに異様に敏感で、それを人から言われると執拗に感情的になって反発する。 ダメだしされる...