「移民政策はとらない」と言明する安倍首相が進める「外国人材の受入れ・共生のための総合的対応策」

今回はひっそりと進める安倍政権の怒涛の移民政策を紹介します。 今までの6年間も相当酷いですが、安倍首相は日本人を外国人に置換しようとしています。日本を多民族国家にしようとしていて、公共機関や交通、銀行などの生活インフラに多言語化という馬鹿で無駄な投資をしていくことにしました。高齢者の運転免許を取り上げろと言う声が高まる中、75歳以上の認知症検査に多言語化を図るというものまでありました。 外国人は異国へ行くという自分の意思で日本へ来るので、努力したり我慢したりすることは想定していますし、出身国によっては日本の方が暮らしやすいという場合も多々あります。 ところが、...