ドイツ:カール神聖ローマ帝国初代皇帝ゆかりのアーヘンの広場が「モスク広場」に改名された!

ドイツ西部アーヘン(Aachen)の名前の由来は「鉱泉」、フランス語名は「礼拝堂の泉」です。アーヘン市には「皇帝の大聖堂」とも呼ばれるアーヘン大聖堂があります。アーヘン大聖堂は1978年に登録された世界遺産の第1号です。 786年にカール大帝がアーヘンの宮殿教会の建設を始め、814年にカール大帝がなくなると、その遺体は大聖堂に埋葬され、現在でもカール大帝の遺骨は大聖堂に保存されています。 カール大帝は、古典ローマ、キリスト教、ゲルマン文化の融合を体現し、中世以降のキリスト教ヨーロッパの王国の太祖として扱われており、「ヨーロッパの父」とも呼ばれています。800年にはローマ...