世の中理想は実現しない。しかし、理想に近づけるためにどうするのがよいか。

自己保身の塊で、ええ格好しいの安倍晋三。かなり不真面目な態度にもかかわらず、守銭奴のグローバル企業などの政商やそれをよいしょするコバンザメのような承認や学者、あるいは、人間の本質を見ることができないサヨクや右翼が担ぐのには実に気持ちのいいことを振りまくのが安倍晋三の正体である。適当にやっていればうまくいくという日本人の感覚にマッチしているともいえるかもしれない。そういう安倍晋三政権がたいして影響も感じずに、「多分ネオリベ世界的にはいいことで、しかも、道徳的に反対するのは面倒なことだから」と「空気に流されて」閣議決定したという移民推進の政策のどうしようもなさを下記の理ブログ先の記事は滔々と述...