オランダの教授「ムスリムの統合に成功した西洋諸国はない」「イスラムは平和への脅威で統合を妨げる」

オランダの社会学教授 Ruud Koopmans(ルード・クープマンス) 氏は、20年間に及ぶ統合と同化の研究の結果、イスラム教徒は他の移民グループよりも統合が困難であるとの結論に達しました。 彼はデンマークの新聞に、統合について他の移民たちは一世代で大分進歩しますが、ゼロとは言わないまでもムスリムはかなり遅い、と話しました。 ヨーロッパ6ヶ国に住むトルコ人とモロッコ人ムスリムの内65%が、自分たちが住んでいる国の法律よりも宗教の戒律の方がより重要だと考えています。 ムスリムは非ムスリムとは別だと考えていて、他の宗教信者との広い相互作用を断ちます。&...