選挙なんて、もう止めたら?

7月4日に参議院選挙が公示され、本来なら選挙戦も真っ盛りという時期のはずですが、衆院解散話が吹っ飛んだせいか、いまいち盛り上がりませんね。 ネット上でも、山本太郎だ、野党だ、自民だと様々な声が上がっていますが、私自身、与野党双方の候補者の低レベルぶりに呆れ返っており、選挙に行くことすら苦痛に感じています。 それでも、毎回、近所の投票所に足を運んでいますが、投票用紙の記入台の前に掲載された候補者リストを見るにつけ、「いくらなんでも酷すぎる、こんな奴らしかいないのか…」と嘆息せざるを得ません。 正直言って、候補者の中に政治信条や経済観念が、おおまかにでも一致する者...