機械的に行われることの恐怖。正論は合わせると正論ではなくなる現実を知れ。

 与党日本政府が強力に進める政策、移民推進、自由貿易、小さな政府で、能力のあるものに金を集めること。それぞれに、正論というものがある。 多文化共生、多様性、多様な商売、無限に儲けられる商売、能力の小さな優劣が無限に拡大し、買ったものが大いにカネを稼ぐことができる。能力の当然の報いである、など。それぞれに正論はあり、それは底の部分を着とれば至極まっとうなものだ。競争で技術が切磋琢磨するというのもある前提では正しいことである。適度な緊張感はそれぞれの高みを目指そうという強い動機付けになり、日々の仕事の取り組み方も変わってくることだろう。それは、別に一人ではなく、グループとな...