止まっているけど走っている?シベリア超特急!!

B級映画を語れるのはそれだけ映画を愛して、映画にまみれている人が、A級に入らない映画をB級と称するものなのではないかと思う。そりゃそうだ、映画はミーハー的に見るぐらいの人がこれはというB級映画に出会うのは相当低い確率なのだ。そんなものは、普通の人の目に触れることはない。DVDや映画館で指名できないのである。そういう意味では、映画をそんなに見てない自分がB級映画を語るなどというのは片腹痛いわ、と笑われそうではある。もちろん、笑われて構わないのであるが、A級ではないということは初見でもわかる映画でありながらそのほかの要素で魅力的に感じてしまう映画がB級映画といえよう。しかし、バカにしたようなイ...