MMTの源流にして基礎、ゴドリーのSFCモデルとは?

 先月(2019年7月)、MMTの提唱者として脚光を浴びているステファニー・ケルトン教授が来日し、日本で2日にわたって講演をしました。私も2日目の講演に参加しました。(1日目の講演にも応募したのですが、落選しました。)2日目の講演の様子は、Kestrelさんが記事に纏めてくださっていますので、皆さんご覧ください。(記事には私も登場しています。) この講演のはじめに、ケルトン教授はMMTの源流となる経済学者を3人紹介しました。アバ・ラーナーハイマン・ミンスキーウェイン・ゴドリーこの中で最も知名度が低いのはウェイン・ゴドリー(1926~2010)でしょう。(Wikipedi...