飯屋は飯を出していれば十分である、という考え方を研ぎ澄ませた結果が、国家の衰退をもたらしたかも。

若い時の恋愛がぎこちない、あるいは、場合によってはひどいことになるのは、お互いの見える世界の違いも大きいだろう。相手を察する想像力の欠如である。本来は大人になればそういう状況が解消されるはずだが、いい大人になっても変わらないという状況が社会を不安定にさせているということが現実には起きているのかもしれない。(月がきれい) 飯屋の希望とお客の期待が重なっていた時、それは生きがいになるというものだ。飯を多く食って活動する高校生などを相手にする飯屋としては、おなかをすかせながらも頑張って活躍してほしいから、多少度外視した値段で提供するということだった。しかし、話は珍しさから、単なるインス...